バッテリー☆車部品情報ガイド

"さて、ここでは台車の長持ちの秘訣について簡単にご説明させていただきます。
とにかく台車を常に優しく扱うようにしてください。台車使用時は乱暴に荷物を載せたり、急発進急停車や段差を強引に乗り越えないようにしましょう。

 

台車の使用後には、水や粉塵などの汚れを必ず落としてください。そして大事なのは、保管時とも言えます。
湿気の多い場所に置かないことと、屋外に放置をしないということです。
また定期的に稼働部に油を差してメンテナンスをするようにしてください。

 

このように台車というのは、簡単に言うと性能がシンプルな台車ほど耐久性を持っているものです。
これを手押し台車を例にして説明をさせていただきますと、折り畳み箇所の部品の壊れる可能性が減ります。

 

ハンドル折り畳み式よりも、固定式の方が壊れにくい構造になっているのは確かなことです。
このことから不必要な性能は付けない方が壊れにくいというのはどんなものでも同じことなのです。"





ハワイアンジュエリー
URL:http://maile.co.jp/
ハワイアンジュエリー


<工具ガイド>台車の保存方法ブログ:17/05/02

シェイプアップには
正しいシェイプアップと間違ったシェイプアップがあると思います。

間違ったシェイプアップというのは、
やってはいけないシェイプアップ、
つまり、健康に何らかの悪影響を与えてしまう
危険性のあるシェイプアップです。

炭水化物や油・脂肪を一切摂らない…といった
「特定の食品や栄養素を極端に避けるシェイプアップ」は、
からだに必要な栄養素を摂れなくなってしまうだけでなく、
必要のない栄養素を大量に摂ることにもつながります。

逆に、
「特定の食品や栄養素を極端に摂るシェイプアップ」もありますが、
こちらも同様に危険です。

例えば、
「ある食品は脂肪を燃やす」という理由で
長期間に渡ってその食品ばかりを食べるシェイプアップの場合、
そのような食品は一時的にエネルギーの消費を高める程度のものなので、
シェイプアップとしての大きな効果は望めませんし、
逆に偏食となってしまい、栄養失調にもつながります。

さらに、間違った知識から、
特定の食材を通常とは違う調理方法で食べてしまい
からだの調子を崩すなどの健康被害が起きることもあります。

また、
全く体操をせずに、食事量だけを減らして
やせようとするのも間違ったシェイプアップ法です。

体操をしないと体脂肪だけではなく、
筋肉まで一緒に落ちてしまいます。

筋肉が減ると基礎代謝量が落ち、
脂肪が燃えにくいからだになってしまう事で、
むしろ、やせにくく太りやすいからだになってしまいます。

すると、
リバウンドした時には脂肪だけが増えますので、
シェイプアップする前よりも
体脂肪の割合が増えている状態になってしまいます。

シェイプアップは正しい知識を持ち、
無理のないように計画的に行いましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ